うくことのメンタルクエスト

今日も誰かのこころをほぐす。こころセラピー発信基地

【心理学】将来が不安な時の3つのヒント

f:id:ukukoto:20191230005033j:plain

時代の移り変わりもスピードを増し、世界情勢は大きく変わる。

日本は世界で一番の高齢化社会へ突入。

僕たちは将来年金をもらえるのだろうか、、

AIに職業を奪われてしまうんじゃないのか。。。

環境問題も深刻になる中の、毎年の地震や台風による災害。

人々は不安の中に生きていると言っても過言ではないでしょう。

はっきりと原因のわかる不安なら、まだ対処の方法も模索できますが、

真綿で締め付けられるような、モヤっとした不安。

みんさんもありませんか。。漠然とした将来への不安。。

今日はそんな居心地の悪い不安への対処法をご紹介します。

 

それではいってみましょう。

 

あなたを苦しめる不安慣性の法則

不安が多い人の考え方の癖に、不安を感じる慣性の法則が働いている事がよくあります。

例えば、、

「いい事があっても、また必ず悪い事が起こる」

「前も大丈夫だと思っていたけど失敗したから、またきっと失敗するだろう」

「声をかけたのに無視されたから、きっとまた無視される」

 

そのように、一度苦い経験をしてしまった事で、心のパターンを形成してしまった過去がある場合、「こういう時は、こうなる」慣性の法則のように自分で信じ込んでしまいます。

このパターンに陥ると、どんないい事があっても、前はこうだったから、、と一直線の思考になって物事をなんでも、ネガティブに捉える思考から抜け出せず苦しい毎日を過ごすこととなってしまいます。

 

いやいや、、ちょっと冷静に考えてみてください。

 

本当に前がこうだったから、また同じ事が起こるというのは事実でしょうか?

もちろんあらゆる方向に考えを巡らせて、用事するのも大切ですが、ありもしない現実を恐れて不安な毎日を過ごすのは馬鹿げていませんか。

不安になったら、まず胸に手を当てて、

今、自分が不安慣性の法則にハマってないか確認してみましょう。

この法則は逆の人もいます。

「すごいトラブルに巻き込まれた事があったが、なんとかなった」

「だから今回もきっとうまく行く!」

この思考パターンの人は生きるのが楽ですよね。

度が過ぎた楽天家も考えものですが、

根拠のない自信を持つことも大事なのかもしれませんよ。

 

不安を一度整理する。

不安になると頭の中はモヤモヤとして、仕事も手につかないようになる事があります。

自分の中に問題がたくさんあるような気になってしまいますが、本当に考えなければいけないことは、そう多くないかもしれません。

例えば、牧場にいる沢山の羊たちを数えるとします。

 

一匹、二匹、、三匹、、、数えている間にもちろん羊は動きます。。

そして何匹かわからなくなって、また、、一匹、、二匹、、、、、またわからない。

 ちょ、、っちょと、、誰か羊を止めてくれ!!

 

この状態が心のモヤモヤの正体です。

こういう場合はどうしたらいいでしょうか?

羊を一匹づつ柵の中に入れていけばはっきりと数がわかりますよね。

 

簡単なことです。

まずはノートに思いつく限りの不安な感情を書き出してみましょう

自分は何を不安に思っているのかはっきりと自覚することで、モヤモヤは和らぎます。

 

仕事はこのままでいいのか、、

健康状態が悪い、、、

毎月の支払いがキツイ、、

 

など、具体的に落とし込んでみましょう。

意外と対策できる事が見つかるかもしれません。

 

これは紙とペンがあれば出来ることですので、ぜひ試してみてください。

手を動かして感情を吐き出すだけでも、心が少しだけ軽くなると思います。

 

頭の中の検索サイト

あなたは何か分からないことを調べるとき、パソコンやスマホで検索をすると思います。

人間の脳もよく似た構造で、分からない事があると、脳は頭の中の検索サイトにワードを打ち込み、記憶の中を検索し始めます。そして過去の経験などを照らし合わせて、自分にとっての最適な答えを導き出します。

 

しかし、不安というのは基本的に答えがありません。

だって何も起きていないことをただ怖がっている状態ですから。。

それは脳内でどういう事になっているかと言いますと、、

 

脳に漠然とした不安というキーワードを頭にインプットしています。。

しかし脳内には答えは存在しません。。

すると脳はひたすらに頭の中を永遠と答えを探し求めてしまいます。

パソコンでいうと砂時計がクルクルと回っているあの状態です。

しかし答えは出てきません。。すると当然ですが脳は疲弊していきますね。

それがあの苦しい、不安で不安で仕方ない状態なのです。

こんな時できることは一つだけ、、脳に打ち込んだ不安に思っているであろうワードをデリートしましょう。物事は解決していませんが、意識して無駄な脳の検索状態を解除することで、少しは心が楽になるはずです。

 

いかがでしょうか?

もちろん全ての不安を消し去るような魔法は存在しないかもしれませんが、

自らの心の中を観察することで、少しでも生きて行く事が楽になれば、人生の楽しみを見つけるきっかけになるかもしれません。

 

以上、【心理学】将来が不安な時の3つのヒント でした。

 

 

 被害妄想が強い人は過去記事もご参考ください

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com