うくことのメンタルクエスト

今日も誰かのこころをほぐす。こころセラピー発信基地

【メンタル】被害妄想から逃れたい時のヒント

f:id:ukukoto:20191223121416j:plain

何気なくSNSをみていると、、

知り合いが「あいつの顔をみただけで一日中ブルー。。」と書いている。

あれ?さっきあげた自分の自撮り写真のこと???

なんだか気分がもやもや。。こんなことありますよね?

他にも、、

 

私は何もしていないのに、嫌がらせをされた。。

私だけイベントに誘ってもらえなかった。。。。

もしかしたら、あの人に嫌われているかも。。。

別になにも証拠はないけど。。

こんな感じで、いつも一人相撲して心が落ち着かない。。

 

被害妄想に悩むときは誰にでもあります。

今日はそんなツライ被害妄想から脱出するためのヒントをご紹介します。

 

では、行ってみましょう!

 

思い込みは強力

 

今日はこんなエピソードからです。

 

あるところに、高名な脳外科医のDr.スピルバーグという40歳になる人物がいました。

Dr.スピルバーグは息子の誕生日に遊園地に連れて行く事にした。

2人は遊園地のアトラクションをたっぷりと楽しんだ後、夕食を取ることにしました。

そのとき息子が言いました。「ビール飲んでいい?」

Dr.スピルバーグはニッコリとうなずき、店員に声をかけ息子のビールを注文しました。

息子がビールを飲んでいると、入口から入ってきた警備員風の男が近づいてきました。

そして警備員風の男は息子にこう言いました。

「やあ、遅くなってしまったね」

息子は「やあ、お父さん。お仕事お疲れ様!」

 

 

さあ、ここで問題です。

●Dr.スピルバーグと警備員風の男はどういう関係でしょうか?

●息子がビールを飲んでいるのに、なぜ誰も問題にしないのでしょうか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、答えは出ましたか??

まず一つ目の質問

●Dr.スピルバーグと警備員風の男はどういう関係でしょうか?

この答えは

「2人の関係は夫婦である」

です。

どうでしょうか?正解しましたか?

高名な脳外科医、Dr.スピルバーグという肩書きと名前の雰囲気から大勢の方が、Dr.スピルバーグを男性と思ってしまったのでは無いでしょうか?

 

さて二つ目の質問

●息子がビールを飲んでいるのに、なぜ誰も問題にしないのでしょうか?

この答えは

「息子は成人しているから」

です。

どうでしょうか?正解しましたか?

親が誕生日に息子を遊園地に連れて行く段階で、息子は小さな子供であると思ってしまたのでは無いでしょうか?

 

さて、この手のクイズは沢山存在しているので、答えが簡単に分かった方も大勢いると思います。

が、ここで問題にしたいのは「頭の回転」や「発想の転換」などではありません。

問題は、なぜこのエピソードはクイズとして成立しているのでしょうか??

 

 

簡潔にいいますと、それは「人間の思い込み」を利用しているからです。

この問題は「人間の思い込み」がどれだけ現実を歪めているのかを教えてくれています。

 

被害妄想というのは読んで字のごとく「被害を妄想」しているわけですね。

それが本当かは分からないのに「現実を歪めてみてしまう」のです。

ありもしない事で人生がうまくいかないのは本当に勿体無いですね。

思い込みがどれだけ現実を歪めてしまうのかをいつも意識してみましょう。

 

 

頭を柔らかくしよう

 

被害妄想に悩む人は真面目な人が多いと言われます。

 

人は誰でも「こうでなければならない」という思い込みを持っています。

それを心理学用語で「ビリーフ」と呼びます。

特に真面目な人は良くも悪くも自戒の精神がつよいので

「時間に遅れるなら連絡して当然だ」

「子供は親の言うことを聞くべきだ」

そんな思い込みが強いと、逆にそれをしない人の行動がすべて、自分への悪意に感じてしまします。

「遅刻してきたのに連絡もしないなんて、私を軽くみている」

「子供が私の言うことを聞かないのは、私を軽くみている」

そんな風に解釈してしまうことがあります。

 

一度たちどまって、あなたの「こうでなければならない」というビリーフにはどんなものがあるのか考えてみましょう。

 

敵意帰属バイアス

あなたは「敵意帰属バイアス」という言葉を知っていますか?

これは「相手にされた行動を、全部悪意がある」と思ってしまう心理的傾向です。

人混みの中で肩がぶつかっただけで舌打ちをされたり、、

そんな風に人は「相手に敵意がある」という思い込みを最初から持ってしまう生き物なのです。

 

先日こんなことがありました。

 

いつものように晩御飯を食べているときの話なのですが

晩御飯が麻婆豆腐だったんです。

いつもの妻の味と違ったので私は「あれ?これってレトルト?」と質問しました。

すると妻は「今日は忙しかったの!たまには手を抜いたっていいでしょ!?」

キレられました。。。

いやいや、、ただ僕はいつもと味が違ったので聞いただけです。

たしかに聞き方が誤解を誘うものだったかもわかりませんが、

こんなことで人間は、いとも簡単にすれ違います。

 

もしあなたが「被害妄想」に囚われたら、

深呼吸して「これは敵意心理バイアスが働いているだけだ」と言い聞かせてみてください。

少しはドライに考えられるかもしれません。

 

 

 

いかがでしたか?

以上、【メンタル】被害妄想脱出セラピー でした

それでは、今日も良い一日を!