うくことのメンタルクエスト

今日も誰かのこころをほぐす。こころセラピー発信基地

【メンタル】貢献感を持つ

f:id:ukukoto:20200107181350j:plain



今回は前回に引き続き、幸せに生きるためには「他人を喜ばせる」という貢献感についてのエピソードをご紹介します。

 

前回の記事をご覧でない方はこちらからご覧ください。

 

www.ukukoto.com

 

それではいってみましょう!

 

 

窓から見える幸せな景色

ある病院に7人の結核患者がいました。

その時代はまだ結核は不治の病で、7人はもう歩くこともできず、

白い部屋に横一列に並んだベッドで、ただただ自分の死を待つ毎日を送っていました。

 

その部屋には奥に小さな窓が一つだけありました。

 

f:id:ukukoto:20200107181428j:plain

その窓際のベッドに寝ていたジミーは、窓から見える景色を他の6人に毎日きかせていました。

「今日はいい天気だ。青空がどこまでも続いているよ。花壇の花も咲き始めた」

またある日は

「今日は子供達が公園で遊んでいるよ。お弁当を広げてみんな楽しそうだよ」

 

みんな死をまつだけの毎日で何も楽しみがありませんでしたが、唯一そのジミーの話してくれる窓の外の話が生きがいになっていました。

ただ1人をのぞいては、、

 

窓から離れた側の2番目のベッドに寝ていたトムです。

トムはジミーが窓を独り占めしていることが気に食わなかったのです。

「ジミーの野郎、いつも1人だけ景色を楽しみやがって、、、」

 

ある朝、みんなが目覚めるとジミーの姿がありません。

 

看護師に聞くと、みんなが寝静まった昨夜にジミーは無くなったということでした。

みんな大層悲しみました。

 

しかしトムだけは違いました。

「やったぞ!これで窓際のベッドが空いた!さあ、俺をあの窓際のベッドに移せ!」

看護師たちは怪訝な顔をして断ったのですが、トムの興奮は収まりません。

「早く俺を奥のベッドにうつせ!」

 

仕方なく看護師たちはトムを窓際のベッドに移すことにしました。

「はっはっは、これで窓の外の景色は俺のものだ。俺はお人好しのジミーと違って誰にも外の景色を話したりはしないぞ!全部独り占めしてやる!」

窓際のベッドに移ったトムは急いで窓の外をのぞいて愕然としました。。。

 

窓の外には、公園も花壇も、ましてや人の姿もなく、ただ隣のビルの壁が見えているだけでした。

 

そしてトムはすべてを悟りました。

 

「ジミーはみんなを勇気付けようと、毎日ありもしない窓の外の話をみんなにしていたのか、、、」

 

それからトムは毎日、みんなに部屋の窓から見える、嘘の景色を語り続けたのでした。

 

いかがでしょうか?

トムはジミーのおかげで、死を待つだけの時間から喜びを見出すことができたのではないでしょうか?

 

「自分は誰かの役に立っている」その事実が人に幸福感をあたえます。

 

あなたは最近、誰かを喜ばせましたか?

また、誰かに喜びをもらった事はありませんか?

 

日常でなかなか貢献感を持つことができないなら、

ボランティアなども偽善だなどと揶揄せずに、自分のためだと割り切って参加してもいいかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、【メンタル】貢献感を持つ でした。

 

 

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com