うくことのメンタルクエスト

今日も誰かのこころをほぐす。こころセラピー発信基地

【心理学】購買意欲を刺激する3つの罠(悪用厳禁)

f:id:ukukoto:20200111151157j:plain


あなたは買い物に行った時に、

最初は買うつもりがなかった物を買ってしまった経験はありませんか?

きっと誰にでもあるはずです。

商品を売る方は、巧みに人間の心理を利用して購買につなげています。

今回は人間がなんとなく商品を買ってしまう心理テクニックをご紹介します。

 

では行ってみましょう!

 3000円以上で駐車料金は無料!その買い物は本当にお得?

ショッピングセンターなどで駐車場に車を停めると、

「3000円のお買い物で駐車料金無料」なんてよくありますよね?

本当は2000円の商品を買いに来たんだけれど、あと1000円買えば駐車料金が無料にできる!と欲しくも無いものを買ってしまった経験はありませんか?

あるいは洋服を一着買う予定だったのに、

「二着購入で20%オフ!」と言う謳い文句に、これまたたいして欲しくも無い服をかって、一度も着ないまま。。。ず〜っとタンスに眠っている。。

心当たりありますよね。私もあります。。

 

駐車場の場合ですと、例えば駐車料金が300円だった場合、素直に駐車料金を払えば2300円で済んだのですが、3000円の買い物をしてしまい、結果700円余分に使ったことになります。

洋服の20%オフの場合ですと、例えばお目当の服が10000円で、二着目に8000円の服を選んだとして、20%オフで14400円です。本当に欲しかった服だけ買えば10000円で済んだのに4400円も無駄に払ってしまったのです。

 

確かにあなたは商品を手に入れることはできます。

でも本当にその余分に買った商品は必要だったのでしょうか?

皆さんも本当はなんとなくわかっているのですが、「得をしたい」と言う感情の誘惑に負けて、結果損をしている事に。

しかし自分は正しい選択をしたのだ!と自分に言い聞かせていませんか?

 

お店側は多少サービスしても買ってもらえれば在庫がさばけます。

こう言う時は出来るだけ、「必ず使う消耗品」を買うようにするといいですよ。

 

1日たったの〇〇円の罠

例えば月額3000円のサービスがあったとします。

これだけ聞くと「高いな〜」と感じてしまうのですが、

セールスマンはこう言います。

「一日経ったの100円ですよ!缶コーヒー1本我慢するだけでいいんですよ!」

これなら安いかもって感じやすくなりますよね。

これは物事の枠組みを変えることで、感じ方、捉え方が変わるフレーミング効果と言うテクニックです。

だけど想像してみてください。

毎日一本缶コーヒーを飲んでた人がそれをやめるってとても大変な事ですよね。。

 

他にも、、

「一万円借りても利息は1日たったの5円!」

「新しいエアコンにすれば10年で電気代が10万円もお得!」

 

聞いたことありますよね。

このように物事を伝えるとき、時間などの枠組みを変えることで

相手に伝わる印象を変えることができます。

 

これをビジネスシーンで良いように使うと、、、

 

「サービス加入数が一年で2倍になりました!」

ではなく

「サービス加入数一年で200%にアップ!」

の方がより凄そうに見えますよね。

 

皆さんも何かを買う時は、相手がどう言うフレームで物事を行っているのかを

気にしながら聞くといいかもしれませんよ!

 

本当に欲しい?アンカリングの恐怖

A子さんはデパートに20000円の予算でバッグを買いに行きました。

バッグを見て回ると、いい感じのバッグを見つけました。1万5000円でした。

これなら予算内で収まるな!とふと横を見ると、もう少しいい感じのバッグを見つけました。

 

値札を見ると30000円でした。

「流石に予算を10000円オーバーはきついなあ〜」と思って値札を裏返すと

60000円という値札に50%オフの赤字が!!

そうです。元々60000万円のバッグが半額の30000円になっていたのです。

A子さんは「ものすごいお買い得の商品を見つけた!買わないと損だわ」と

10000円も予算をオーバーするバッグを買ってしまったのです。

 

私たちは物事を判断するとき、元々の数字に強い影響を受けてしまいます。

これを「アンカリング効果」と呼びます。

 

私も昔、海外旅行に行ったときライダースジャケットを買いました。

最初に店で選んだとき、店員は50000円です。と行ったのですが

値下げ交渉で30000円に下げてもらいました。

意気揚々と買い物袋を下げてホテルに戻ったのですが、友達に

「それ日本やったら20000もあれば変えるで。。。」と言われて大変ショックをうけました。

 

まんまとやられてしまったのです!

まあ値下げ交渉が楽しかったので、旅の思い出として納得させました。。

 

いかがだったでしょうか?

このように世の中には人々の購買意欲を刺激するあらゆる罠がひしめいています。

何かを買う時は「それは本当に得をしているのか」を考えて選びましょう。

逆に物を売る側に立ったときは、これらの心理を応用して購買に結びつけるヒントにしてみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

以上【心理学】購買意欲を刺激する3つの罠(悪用厳禁)でした!

 

 

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com