うくことのメンタルクエスト

今日も誰かのこころをほぐす。こころセラピー発信基地

【初心者】初めてのライブハウス出演どうしたらいい?

f:id:ukukoto:20191210173606j:plain


今回はバンドを組んだけどライブってどうやってやるの?

自分たちの演奏レベルで大丈夫だろうか?

コピーしかしていないけど大丈夫?などなど

色々とお悩みののビギナーバンドに向けて、ライブハウスの出演から

リハーサルは何するの?とか気をつけるべきことまでを紹介します。

さああなたもいざライブハウスデビュー!

 

それで入ってみましょう!

 

 

f:id:ukukoto:20191210173809j:plain

バンドの演奏レベル

最初に不安を感じるのは「自分たちの演奏レベルでライブハウスに出れるのだろうか?」といったことだと思います。

結論からいいますとほとんどの場合で大丈夫です

ライブハウスによってはオーディションや音源審査がある所もありますが

ほとんどのライブハウスでは初心者歓迎のところもたくさんありますので

ホームページでチェックしてみましょう。

 

ただ出演が大丈夫と言ってもやっぱりお客様に見ていただくのだから最低限の練習はしましょう。

そもそも曲が途中で止まる。コード進行すらちゃんと覚えていない。みたいな状態で出演するのは恥もかきますが、そもそもお金を出して見てくれているお客様に失礼です。

 

ライブハウスには初心者の方もたくさん出ていますが、へたくそでもみんな温かい目で見守ってくれることの方が多いです。ただ先ほども書いたように曲がグチャグチャで何を演奏しているかわからないような不協和音の塊のようなバンドはお客さんも引きまくります。。

最低限、自分たちの演奏を録音して、友達に聞かせた時になんの曲かがわかるレベルになるまではしっかりと練習に励みましょう。

 

どうやってライブハウスに出演するの?

 

大きく分けて2つの方法があります。

●ライブハウスのブッキングライブ

●イベンター主催の企画ライブ

 

ライブハウスのブッキングライブとは…

ライブハウスのブッキングライブというのはライブハウスのスタッフがバンドに声をかけて1日6~8組ぐらいを集め、対バン形式でおこなわれるライブのことです。

これに出たい場合はホームページから申し込んだり、直接電話をかければ大丈夫です。

もしあなたがコピーバンドをやっているのであればその旨も伝えた方がいいでしょう。

コピーバンドを集めたイベントをやっていることが多いのでそこに組み込んでもらえるかもしれません。

ナゼかと言うと、まわりが全部オリジナルバンドの場合、コピーバンドはちょっと浮いてしまうこともあるので初心者には気が重いと思います。もちろんライブパフォーマンスに自信があれば他のバンドを圧倒することも可能ですよ。実際にめっちゃかっこいいコピーバンドも無数に存在します。

 

あなたがオリジナル主体で活動しているなら、逆にコピーバンドのいないイベントに出たい旨を伝えれば、ブッキングマネーシャーが最適な日を教えてくれます。

 

イベンター主催の企画ライブとは…

これはイベントを作りたい主催者がライブハウスを借りて自主的に行うライブイベントです。

中には大変人気があり集客力があるイベンターもいてるのですが、初心者のうちはあまりお勧めしません。うまいバンドがいっぱいいるっていうのもあるのですが、質の悪いイベンターも多く、話がなかなか進まない、対応が無愛想、嘘ばっかりと、などとんでもない目にあうことがあります。初めてのライブがそんなのはいやですよね。

何回かライブを重ねていくと自然と信頼できるイベンターの人と出会うことがあると思いますのでその時まで取っておきましょう。

 

 

チケットノルマ

ライブハウスの出演日が決まると、ライブハウスからチケットノルマというものが伝えられます。

条件は色々あるのですが

2,000円×15枚とか1,500円×30枚とか、だいたい相場は2~3万円です。

これはお客さんを呼ばなければ全額バンドが払うこととなります。

大体初めてのライブというのは、友達がたくさん来てくれますから積極的に声をかければクリアできるのではないでしょうか?

難しいのは2回目以降です。友達は1回目は興味と義理で見に来てくれますが、それが何回も続くとあたりまえですが見に来てはくれません。

バンド活動をつづけるなら今後の課題として胸に刻みましょう。

 

ライブ当日

さあライブ当日がやってきました!

集合時間なども事前に伝えられてるはずですから、絶対に遅刻せずに行きましょう。

だいたいリハーサル30分前に入り時間は設定されていますが、それよりも少し早くいくぐらいでいいです。

ライブハウスに入ると前のバンドがすでにリハーサルをしているかもしれません。

そしてきっとお店のように、スタッフがこちらに来て何かを聞いてくれたりするようなこともありません。

ライブハウスのスタッフさんはなぜか無愛想な人が多く、無視をされて、初めてのあなたはどうしたらいいのか分からないかもしれません。ここは元気に「おはようございます!〇〇というバンドの〇〇です!今日はよろしくお願いします!」とこちらから話しかけましょう。

話しかけると、意外と優しい人が多いのもバンドハウススタッフあるあるです。

セッティングリストやバックステージパスなどを配ってくれます。

それでも無視されるようなら「今日初めてなんですが、どうしたらいいですか?」と聞いてしまいましょう。なんとかなるはず。。。

逆に接客のプロのようなスタッフさんもたまにいます。そう言う時は何もしなくてもスタッフさんが全部説明をしてくれるので安心です。

 

リハーサル

ここでいうリハーサルはみんなで曲の練習をする場所ではありません。

音の大きさや、曲の感じなどをPAさんに理解していただき、それに合わせてPAさんがトラブルの無いようにステージ上の音やお客さんに聞こえる外音などを調整するのが主な目的です。

ですので練習スタジオでやるような曲合わせをしてしまってはいけないんです。

だいたいPAさんから「ドラムのバスドラくださ~い」から始まることが多いです。

そうしたらまず、ドラマーはバスドラの音だけをだしてください。他のメンバーは絶対音を出さないでください。その時PAさんはバスドラの音を調整しています。しずかに指示があるまで待ちましょう。

そのあとベースやギター、ボーカルと1人づつ音を出したら曲を合わせる時間です。

一番音数がおおいい曲などをすこし演奏して、みんなでステージ上の聞こえ方をチェックしてください。

自分の音が聞こえないなと思ったら、恥ずかしがらずに「自分の音を大きくしてください」とPAさんに伝えましょう。すると自分の前にあるスピーカーの音をPAさんが調整してくれます。

これをメンバー全員が納得できるようにやりましょう。

時間はだいたい10~15くらいしかありませんのでスピーディーに行きましょう。

ここで失敗すると本番に全然自分の音が聞こえない!というトラブルに遭遇することになるでしょう。

それとよくあるのですが、バンドメンバーの全員の音が大きすぎてステージ上が音の洪水となってる場合もありますので、そう言う時もPAさんに「僕たちの音大きすぎます?」と素直に聞いた方が早いです。僕も他人のリハーサルを見ていて音の洪水だな~とおもっていても指摘しないPAさんが結構います。気を使ってるんでしょうがPAさんも一言言ってあげればいいのに。。

全員の確認ができたら、あとは「2曲めのボーカルはリバーブ深めに」など細かな注文があればお願いしておきます。

ひととおり終わったら、ちゃんとPAさんに「ありがとうございます。本番もよろしくお願いします。」と挨拶をしておきましょう。

f:id:ukukoto:20191210173930j:plain

 

本番まで

リハーサルが終わると本番まで時間ができますので、できるだけ他のバンドのかたとコミュニケーションをとりましょう。思いがけない出会いを生むこともあります。

それと、他のバンドさんのステージもできるかぎり見るようにしてください。

たまにいます。自分の番だけ出てきて知らない間に帰っているバンドさん。

ライブイベントはみんなで作り上げるものという意識は忘れないでおきましょう。

 

それでは勇気を出して、初めてのライブ頑張ってください!