うくことのメンタルクエスト

今日も誰かのこころをほぐす。こころセラピー発信基地

【メンタル】生きてる意味がわからない時の処方箋

f:id:ukukoto:20200117111150j:plain

毎日がつまらない。朝おきて、働きに出て、上司やお客に文句をいわれて、帰って寝るだけ。

生きるために稼がなきゃならない、だから働いているけれど、なんでこんなに苦しい思いをして生きなければいけないんだろう。。。生きるために働いているのか、、働くために生きているのか、、

 

病気になってしまった。。もう自分のやりたい事は出来なくなってしまった。。

ずっと寝たきりで生きてる意味がわからない。。。

 

つらいですよね。

私もパニック障害からのうつ病併発で寝込んだ時は、これが一生続くのか!と絶望したものです。

 

今回はそんな「生きてる意味」について考察したいと思います。

 

それでは行ってみましょう!

 

 

生きてる意味を失う時

 

ベトナム戦争での話です。

アメリカ軍のある空軍大尉が、ベトナム戦争で捕虜になってしまいました。

辛い捕虜生活でしたが、彼はアメリカに帰る日を夢見て10数年間耐え抜きました。

アメリカに帰国後、解放された喜びを語った一月後に彼は自ら命をたったのです。

 

彼に何が起きたのでしょうか?

 

彼がアメリカに帰国すると、アメリカでは多くの人がベトナム戦争に反対し「ベトナム戦争はナンセンスだ!」という世論が広がっていました。しかも彼の妻も、両親までもが反戦活動家となっていたのです。彼は自分が「10年以上もアメリカのために自分を犠牲にしていたことが、まったく無意味だったんじゃないか、、、」そう思い悩み、自ら命を絶ったのです。

 

人間は沢山の困難に耐える力を持ってはいるのですが、

自分のやっている事の意味が見えないと耐えることが出来ないのです。

 

生きる意味を見出す。

 

あるところに仲のいい夫婦が住んでいました。しかしある日、奥さんは病気のために倒れてしまいます。そして間も無くして息を引き取ってしまったのです。旦那さんは「彼女がいない毎日なんて、生きている意味がない。毎日毎日むなしいだけだ。。」と生きる意味を見失ってしましました。

そうして彼は病院をたずねて心理カウンセリングをうけました。

 

「先生、僕はもう毎日が虚しくて虚しくて、、生きていても辛いだけです。。」

 

「そうですか、、それは苦しいですね。もしも奥様ではなくあなたが先に亡くなっていたら、奥さんも苦しんだのでしょうか?」

 

「それはもう苦しんだに違いありません。。今の私のようになってしまったのではないでしょうか。。。」

「そうでしょうね。。それではお分かりでしょう。その苦しみから奥様を救ったのは、外でもないあなたなのですよ。あなたが今生きているから、奥様は苦しまずに住んだのです。

 

「そうだったのか、、私が生きているから、彼女はこの苦しみを味わわずにすんだのか、、よかった、、、本当によかった、、、」

 

彼は涙をながし、先生にお礼を言って帰って行きました。

彼は自分が生きる意味を見出したのです。

 

人生を生み出す3つの価値

 

◯創造価値

私たちが何かを生み出すこと、創作や生産をすることで感じることの出来る価値です。

毎日の仕事でお客様に喜んでもらう。子育てや教育で立派な人間を育てていく。

音楽やアートを作り上げて人々に感動を与える。そのような事で感じる価値です。

 

◯体験価値

私たちが何かを体験する事で得られる感動や喜びを感じることができる価値です。

コンサートや演劇、仲間とのコミュニケーション。そのような事で感じる価値です。

 

◯態度価値

私たちが人生で起こる様々な出来事に対して、どんな態度で生きていくのか。それによって生まれる人生の意味を生み出す価値です。

これはちょっと難しい概念なのですが、例えば、「創造価値」や「体験価値」を感じれなくなる時があります。それは物理的な問題だったり、病気をしてしまったり、、そういう場合です。

そんな時、どういう態度で人生と向き合うか。という事で人生に意味が生まれるのです。

 

あるところにデザイナーの男性がいました。

彼は病気によって思うように体がうごかせなくなりました。そのため今までやっていたデザインの仕事ができなくなってしまったのです。彼は「創造価値」を失ってしまいましたが、本を読んだり、仲間との会話を楽しんでいました。「体験価値」に生きていたのです。しかし病気は進行してしまい、ついには本を読むことも、会話を楽しむこともできなくなってしまったのです。

しかし彼は毎日リハビリを重ね、動かなくなっていく体に必死に抵抗しました。彼の病気に対する態度に、同じ病気で苦しんでいる人は大変勇気づけられました。

 

しかし最後の時は来てしまったのです。

 

「先生。看護師の方に聞いたのですが、僕が苦しんだらモルヒネを打つように指示されているんですよね?私は今夜が最後のようです。ですから今モルヒネを打っていただけますか?そうすれば夜中に先生の睡眠を妨害してしまうこともありませんでしょうから。。」

 

彼は死の最後まで、人を労る心を手放しませんでした。

 

人間は極限の状態でも、「どう生きるか」という態度価値を見出すことは出来るのです。

もしかしたら今あなたが、生きる意味を失っているのは自分のせいではないかもしれません、他人が悪いかもしれません。社会が悪いかもしれません。病気が悪いかもしれません。

しかし「私はどう生きるか」を見失わなければ生きている意味を見失わないのかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

以上、【メンタル】生きてる意味がわからない時の処方箋 でした。

 

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com