うくことのメンタルクエスト

今日も誰かのこころをほぐす。こころセラピー発信基地

【マインドフルネス】不安を和らげる瞑想法

f:id:ukukoto:20200121231140j:plain


 数年前からよく聞くようになったマインドフルネスと言う言葉。

沢山の成功者達が取り入れていると話題になりましたが、具体的に何を指すのか非常にわかりずらいですね。意味としては「今この瞬間に心を向けている状態」を表すらしいのですが、ここでは単純に瞑想法として扱ってみたいと思います。

瞑想法にも色々と種類があるのですが、呼吸を数えたりマントラを唱えたりと初心者は取っつきづらく、敷居が高く感じます。

ですので今回は誰でも簡単にできる、不安を和らげる瞑想法をご紹介したいと思います。

それではいってみましょう!

 【マインドフルネス】不安を和らげる瞑想法

この方法は下園壮太さんの「うつからの脱出 プチ認知療法で自信回復作戦」で紹介されいている方法です。

下園壮太さんは、陸上自衛隊自衛官兼カウンセラーをされています。担当したクライアントやセミナー参加者に紹介した様々なリラクゼーション法で、最も多くの人に効果があり、比較的手軽にできる方法として紹介されている方法です。

下園さんの著作では「フォーカシング」という名で紹介されています。

 

方法は簡単です。まず下で紹介する文章をレコーダーなどに吹き込み、不安な時や寝る前などにそれをきくだけです。

 

「癒しのシャワー」

では、背伸びをしてください。

ゆっくりとリラックスした姿勢で座りなおしてください。

軽く目を閉じましょう。

あなたは毎日戦っています。心の中には驚いたり、焦ったり、苦しかったり、悲しかったり、楽しかったり、悔しかったりと、、色々な感情が詰まっているはずです。

人間だから色々な気持ちを感じて当たり前です。

さて、静かに自分の体の中を観察していきます。すると、体の何処かに何らかの「引っかかり」を感じることができるかもしれません。

その「引っかかり」は、体の何処にあるでしょうか?

 

目の後ろの方とか、額の部分で感じる人もいるでしょう。

背中に感じる人や、身体中をベールで覆われているという感じがあるかもしれません。

 

その「引っかかり」に形があるとすれば、それはどんな形ですか?

丸いですか?参画ですか?四角ですか?

その表面は、どんな感じですか?ザラザラですか?ツルツルですか?トゲトゲですか?

それは、どんな色をしていますか?明るい色ですか?暗い色ですか?

それには重さがありますか?重いですか?軽いですか?

それは動いていますか?それともじっとしたままですか?

それには音がありますか?高い音を出していますか?低い音ですか?

 

さて、、あなたの頭の上には、あなたの「引っかかり」を癒すことができる光のボールがあります。それはどんな色をしていますか?

 

その光のボールから、何本もの光が、あなたの頭を通って、あなたの「引っかかり」に届きます。あなたの「引っかかり」が、だんだんその光に満たされていきます。

 

その光は、あなたの「引っかかり」から溢れ出し、次はあなた自身に降り注いでいきます。

温かいシャワーが、足元から広がり、ふくらはぎ、太もも、腰、お腹、手の指先、手のひら、手首、ひじ、二の腕、肩にも広がっていきます。

胸と喉にも届きました。癒しのシャワーにどんどんと満たされていきます。口、目、額、頭。。。

あなた全体が、温かい光に包まれました。

しばらく、その感じに包まれていましょう。

 

(2分間ほど)

 

日々の苦しみや辛さが、すぐになくなることなどありません。

でも癒しのシャワーの力で、ほんの少し、ほんの少しだけ、気持ちがゆったりとしてきました。。。

 

はい、それでは目を開けて、背伸びをします。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

文面はこの通りでなくても、あなたの思うようにアレンジしても構いません。

要は心の中に「引っかかり」を見つけて、それを観察し、「光のボール」を思い浮かべて、そこから「癒しのシャワー」を浴びる。そしてその光が全身に行き渡る。

この手順を踏めば、別に座っている必要もないので、眠る前に布団の中でやっても構いません。

 

いかがでしょうか?

簡単な方法ですし、スマホがあればボイスレコーダーのアプリに吹き込むだけですぐに実行できますので、うつ症状や不安に悩まされている方はぜひ試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、【マインドフルネス】不安を和らげる瞑想法 でした。

 

 

 

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com

 

 

www.ukukoto.com